エポック社 巨人の星野球盤C型
  
  
 
● 出たーっ、巨人の星バージョン
  
正直に告白すると、私個人的には野球盤にさしたる思い入れはない。
持っていなかったせいもあるが、かつて遊んだはずの記憶を蘇らせずにいた。
どの野球盤の写真を撮ったり、文章を書いたりしていても、サッカーや魚雷戦
ゲームのような懐かしさがこみあげてくるということはなかった。
ところがこの巨人の星野球盤の箱を開け途端、忘却の彼方にあったはずの
微かな記憶が、突如として眼前に現れた。「そうだ、これは八百屋の雅一くんが
持っていたんだ。店の裏にある三畳ほどの部屋で何回か遊んだことがある」
−その思い出は、売れ残って腐りかけた野菜の臭いを伴って蘇ってきた。
  

  
    
● 消える魔球はまだこの後
  
巨人の星とはいえ、盤面にプリントされた星飛雄馬のまだあどけなさの残る
顔を見てもおわかりのように、本機は彼が巨人入団後、大リーグボール1号を
編み出したころのキャラクター契約である。消える魔球モデルは本機発売の
翌昭和昭和46年(1971)のB型が最初になる。
  

  
 
● レパーも2つ
 
ということは必然的にレバーも右側の投球用と左のカーブ・シュート用の
2つである。これだけで十分じゃないの、の40代のオヤジは嘆く。
  

 
  
● これも美しい
 
本機もオールスター野球盤B型に負けず劣らず美しい。球場外壁の青が
鮮やかで、これまた緑がきれいなグラウンドの色と実によくマッチしている。
サイズはセンター43cm×両翼49cmである。ちょいと小ぶり。


トップページへ  野球盤之部 トップへ

inserted by FC2 system