エポック社 デラックス野球盤
  
  
 
● 超高級品
  
昭和45年(1970)発売、当時の価格で¥2.350の超高級品。
ただひたすら投げて打つだけの野球盤の原風景がここにある。
両翼57cm、中堅スタンドまで46.5cm、威風堂々。
  

  
  
● リアルな選手たち
  
まず特筆すべきは選手模型のリアルな作り。写真では確認できないが
驚くべきことに一人一人背番号が違う。まさにリアリズムを追求した逸品。
 

 
 
● シンプルかつ豪快
 
とにかく思いきり投げ、力の限り打ち返す、投手と打者との勝負に
力点を置いたシンプルな作り。盗塁機能や消える魔球はまだ先の話。
IDも戦略もない野武士野球ともいうべきか。
そういえば付属の掲示板用球団名ボードには、あの 「西鉄」 の名が。
  

  
  
● 草野球華やかなりし頃
 
思えばころのころは町のいたるところに空き地があり、
ランニングシャツに短パンの子どもたちが、草野球に夢中だった。
私は今年41歳。この野球盤で遊んだ経験はなくとも、走り回っていた
あの日々のことは、ずっと心の奥底にある。
今の時代をどうこういうつもりはないけれど、あのころの子どもたちは
毎日がワクワク・ドキドキの連続だった。
この野球盤は、その象徴だったのかもしれない。


トップページへ  野球盤之部 トップへ

inserted by FC2 system