エポック社 ビッグエッグ野球盤
  
  
 
● 東京ドームだ
  
時代は変わり、東京ドーム型野球盤の登場である。TVゲームに
移って久しい子どもたちの興味と関心を取り戻すべく、エポック社が
総力を結集して開発したであろうことは想像に難くない。
驚くべき新機能盛り沢山だが、まずはドーム型の名の通り透明
の屋根がついている。ホームラン打球の行方を心配せずに遊べる
という大きなメリットがあるが、反面ある種の閉塞感は否めない。
もちろん屋根の取り外しは自由である。両翼38cm、中堅スタンド
までは39cmと従来のC型より小ぶりながら、圧倒的な存在感。
  

 
    
● 夢のオートリターン機能!
  
打球が球場内のどこに飛ぼうが、秘密の地下道を通って自動的に
マウンドの投球装置下に戻ってくるオートリターン機能が素晴らしい。
たかが野球盤、されど野球盤。誕生から30年を経てのこの進化に
改めて深い感慨を覚えると同時に、関係者の労苦がしのばれる。
しかしながら、1995年に発売されたこの名機も、今や絶版である。
  

 
 
● レバー式ヒッティング復活!
 
ドームをかぶせて遊ぶとなると当然すべてのオペレーションは
その外で行われなければならない。そこで問題になってくるのが
従来のワンタッチ・ヒッティング機能だが、エポック社はここで、
実に勇気ある決断を下す。なんとデラックス野球盤以来約25年
振りに、レバー式ヒッティング機能を復活させたのである。
写真手前の赤いレバーを手前に引くとバットが構えられ、
離すと同時に豪快にスイングする。個人的には盤上に手を置く
ワンタッチ式に多少ならずも違和感を覚えていたし、このレバー
式の良いところは、バットを振りかざす角度が自由であるという
点だ。レバー操作の熟達により、引っ張りはもちろんのこと、
流し打ち、バント、バスターまで可能になる。こういう “技量”
が存在してこそ、各々の選手への感情移入が可能になり、
遊びがよりエキサイティングに、より味わい深いものになる。
 

 
  
● スポンサー広告も
 
これをリアリズムと受け取るか、一流のシャレと笑い飛ばすかは
諸賢の自由だが、グラウンドフェンスに張り巡らされたスポンサー
広告には脱帽だ。と同時に、このシール広告導入にあたって、
エポック社に広告収入が発生したのか、はたまたその逆に同社が
スポンサー各社に使用権を支払ったのかは、ヒジョーに興味深い。
どっちだと思います?
それはともかく、このビッグエッグ野球盤を機に消えたものがある。
そう、ときにはケムール人だったり、あるときはゴリさんだったりした
偉大なる選手人形たちである。長い間、ご苦労様でした。


トップページへ  野球盤之部 トップへ

inserted by FC2 system