エポック社 野球盤1号機復刻版
  
  
 
● これがウワサの1号機
  
昭和33年(1958)に発売された1号機の復刻版。
昨夏に2000台限定発売された。なんと木製である。
オリジナルは当時価格で¥1,850、復刻版が¥18,000。
両翼79cmと、初代機にしてシリーズ中最大のスケールを誇る。
おもちゃというよりは、もはや「遊べる家具」といった趣きだ。
当時の一般庶民の子どもにはとても手の届かない、
高嶺の花であったろうことは想像に難くない。
  

  
  
● 限定の証
  
木枠外側に付されたエンブレムは限定版の証。
 

 
 
● 選手は「こけし」
 
プラスチック成形技術がなかったのだろう、選手人形は「こけし」
今思えばなんとも民芸チックでなごめるではないか。
ちなみにこの投手の「C」とは、残念ながら
広島東洋カープを意味するものではなく、
「セントラル・リーグ」の頭文字である。
その証拠に、後方の相手チーム2塁走者の胸に、
パシフィック・リーグの頭文字、「P」が見える。
  

  
  
● 主審がいるっ!
 
捕手の後ろに、主審様がピッタリ寄り添うようにして佇んでいる。
これぞ前田竹虎先生(エポック社創業社長)のこだわりか。恐るべし。
  

  
  
● 直球勝負
  
消える魔球はもちろん、本機にはカーブ・シュート機能すらない。
投手はひたすら直球を投げ、打者は来た球をひっぱたく。
まさに昭和30年代の野武士野球ここにあり。
管理野球、ID野球なぞ○○食らえってか。おいおい。
  

    
  
● 広大なグラウンド
  
観客席ができるのはまだまだ先の話。
まずはこの広〜いグラウンドで野球ができる喜びを味わおう。
思えば当時、このグラウンドのような街中の原っぱは、
いつも子どもの歓声で溢れていた。


トップページへ  野球盤之部 トップへ

inserted by FC2 system