エポック社 サッカーゲーム
  
  
 
● 熱かりし日々
  
私がサッカーゲームを買ってもらったのは、小学5年生の正月
だから、遅くとも昭和44年(1969)には発売されていたと推測
できるが、初代機がいつ発売されたかは知るところではない。
本機はつい最近入手したもので、外箱によると昭和55年発売と
なっている。競技場サイズは36.5cm×24cmで、私が持っていた
ものと同じだと思う。確か数種類あった中でいちばん小型だった。
けれど、それで十分に熱くなれたのだ。
  

  
  
● ブリキ板だった
  
私が遊んだバージョンは選手がブリキ板だったと記憶しているが、
10年たつとプラスチック板に進化している。ゴールキーパーも固定
位置でクルクル回るだけだったが、これは左右に動ける。これでこそ
ゴールを預かるキーパーといえる。
しかしそれでも自分が遊んだモデルが懐かしい。あのブリキ板
選手たちは、今もどこかで元気なのだろうか。もう一度会いたい。
  

  
 
● 反射神経がモノをいう
 
 グリップを押したり引いたりして選手を前後に移動させ、さらには
グリップを回して選手をその場で回転させる。基本的には反射神経
が大きくモノをいう。なにしろダイナミックなゲームだ。
  

  
  
● テクニックだって必要
 
買って最初のころは無闇やたらにグリップを振り回し、何が
なんでもボールを取りにいき、無茶なロングシュートを連発して
いたが、グリップ操作に慣れるにしたがって、生意気にもパス
ワークを多用するようになる。特にパスをつないで右サイドから
のシュートを得意技にしていた。
しかし、ゲームにはあんなに熱中していたのに、ついぞ本物
のサッカーをやろうと思わなかったのはなぜだろう。今の自分の
体型を見れば、そのわけがわかる気がする。


トップページへ  サッカー之部 トップへ

inserted by FC2 system