マスダヤ チャレンジボーリング
  
  
 
● 伝説のオモチャメーカー
  
知る人ぞ知るオモチャメーカー・マスダヤ製。
レーン全長約70cmはごく平均的ボウリングゲームといえる。
さて、マスダヤならではの特徴はあるのだろうか。
 

 
    
● 手書き風印刷が哀しい。
  
申しわけないが、このチープさ。いかにも町工場。
この味わいが「昭和40年」をそこはかとなく感じさせる。
  

 
  
● 「ゲロゲ〜ロ」 「れそいかとんほ!」
  
漫才ブームの起こる遥か昔、
「ゲロゲ〜ロ」 「よもくぼ!」 「れそいかとんほ」などの
素晴らしきマイナーギャグを連発し、東京圏だけで人気のあった
漫才コンビ・A空Q児K児。長いこと見かけないと思ったら
笑いながらツッコむ(ツッコミ芸人としてはいちばん良くない)
K児さんをここに発見!あの強烈なリーゼントは影を潜めたが
当時異色だった茶髪と、人のよさそうなつぶらな瞳は健在だ。
  

  
  
● 何もってんの
  
手に「斧」みたいのをはめて、ガツンとボールを叩く。
例によって、さりげなく足は割れてる。


← ボウリング之部 トップへ

inserted by FC2 system