エポック社 ニュー魚雷戦ゲーム
  
  
 
   ● スミマセン、これでした
  
   なるほど、人の記憶とはあやふやなもの。
   この「ニュー魚雷戦ゲーム」 を一目見たとき、
   「オレが小5の正月に買ってもらったのはこれじゃねーか!」と、
   それまでおぼろげだった記憶がカンペキに蘇ってきた。
   いまさら書きかえるのもなんとなくバツが悪いので、
   「新魚雷戦ゲーム」における恥ずかしいコメントはそのままに。
   というわけで、私が遊んだ魚雷戦ゲームはコレでした、失礼。
  

 
    
   ● なんとなく恐ろしい
  
   後継機のような装飾やスコープは何もない。シンプルそのもの。
   しかしながら、海面をあらわすプラスチック板の色が後継機より濃く、
   いかにも「板子1枚、下は地獄」といった深海が広がっていそうだ。
   「タイタニック」もそうだけど、やっぱ船は沈没があるからコワイ。
  

 
  
   ● こうじゃなくっちゃ、2連式
  
   本機最大の特徴は2連式の発射管。
   別にこれといって2連である必要はなく、後継機はすべて1連だが、
   2連式のほうが「それっぽい」ことだけは確かである。
 

 
  
   ● 1号機にして最高傑作
  
   自分がかつて夢中になって遊んだからという思い入れではなく、
   後継機と比較しても、本機がいちばん「大海原・海戦」の
   どこかスリリングなイメージを最も的確に表現しているといえよう。
   逆にいえば、初代機にして既にここまで完成されてしまっていると
   デザイン・操作性・付加機能のいずれの点においても、
   後継機開発のご苦労たるや、並大抵のものではなかっただろう。


トップページへ  魚雷戦之部 トップへ

inserted by FC2 system