エポック社 テーブルダービー
  
  
 
   ● 極めつけの珍品
  
   珍品である。入手したのは最近だが、子どものころ
   遊んだ記憶どころか、見たことも聞いたこともない。
   28cm×10cmと小さいが、当時のゲームとしては
   極めて画期的であろう、電池を使用して馬を動かす
   ゲームである。昭和30年代後半に作られたものか?
  

 
    
   ● モーターで何を?
  
   単2電池を2本使用する。写真中央の銀色レバーを
   左にずらすと、右にあるモーターが猛烈な唸りを上げる。
   そのモーターが何を回すのかというと……。
  

 
  
   ● なんだコレ?
  
   本機の裏面である。右にあるモーターが回すのは
   写真中央の棒?である。その形状は説明しにくいが、
   ラーメンについてくる 「ナルト」 が輪切りにされる前の
   状態とでもいえばおわかり願えるであろうか、要は
   山型の突起がいくつもついた棒である。これが高速
   回転して6個ある銀球を弾く。弾かれた銀球たちは
   地下で四方八方に飛び散り、馬人形の突起に衝突
   してはこれを押し進めるという具合だ。
   当時としてはよく考えたといいたいところだが、
   モーターの回転音が凄まじく、その割に馬の動きが
   小刻みなので、続けて遊ぶにはツラいものがある。
 

 
  
   ● チャレンジスピリッツやよし
  
   ちゃんと馬券もついていて確かに楽しめるが、
   これを子ども向け、あるいは家庭用ゲームとして
   売り出したのだとすれば、ちょっと疑問である。
   当時、競馬が今ほど健全な大衆娯楽としての
   地位を確立していたとは考えにくく、その辺が、
   私の知る限り、このゲームがヒットしなかった
   要因のひとつではあるまいか。
   しかしながら、それでもエポック社ならではの
   チャレンジ・スピリットは大いに賞賛されるべき
   ものであろう。
  

  
  
   ● 差せ、差せーっ!
  
   と、こんな感じで微笑ましいレースが展開される。


トップページへ  その他之部 トップへ

inserted by FC2 system