エポック社 パーフェクトボウリングJ-S型
  
  
 
   ● 欲しかったなあ、コレ
  
   昭和47年(1972)発売のオリジナル版。ジュニアS型
   の名の通り、レーン全長58cmと、フルスケール・モデルに
   比べると二回りほど小型である。しかしこれが欲しかった。
   あれから28年たって、ようやく手に入れた。長かった。
  

 
    
   ● 憧れのピンセッティング装置
  
   当時私が持っていたボウリングゲームのピンセットは
   まず正三角形のプラスチック板を置き、その穴にピンを
   差込んだ後、プラ板を上に取り外すという手順だった。
   いかにも手作業という感じで、実際のボウリング場の
   雰囲気には程遠く、セットするたびに侘しさを覚えた。
   それにひきかえ、本機のオートマティカルな装置は
   どうだ。確かにこれだけのことである、しかし、たった
   これだけのことが、あのころはとても重要だったのだ。
  

 
  
   ● お疲れさま
  
   28年間もこの姿勢を続けているのだ、ご覧のように、
   シャツはほころび、肌の衰えを隠せないのも無理はない。
   ほんとうにご苦労様である。しかし今度は私が遊ぶ番だ、
   腕がちぎれるまで、まだまだ投げてもらおう。
 

 
  
   ● フックボールも投げられる
  
   おわかりにくいかもしれないが、黄色いツマミを回すと
   写真のように足が出て、レーンの右側が高くなる。そう、
   この左右高低差を利用して、フックボールが投げられる
   という仕組みである。
   もちろんボール自体にフックがかかるわけではなく、
   リアリティ創出の一案であろう。そのこだわりがうれしい。
  

  
  
   ● やっぱりいいなあ。
  
     投げられたボールは溝の高低差によって戻り、写真
   右手前の白いボタンを押すと自動的に上がってくる。
   どうだい、これで瓶入ミリンダオレンジとセプンアップの
   自販機さえあれば、往年の 「上野スターレーン」 だ!


トップページへ  ボウリング之部 トップへ

inserted by FC2 system